マドリッドのタクシー料金(2014年12月15日 改正)

マドリッド市役所のホームページより抜粋


バラハス空港タクシー料金

空港と「環状線M30の内側」間
の移動(両方向)
いつでも30ユーロで固定(追加料金は一切無し)。
空港から「環状線M30の外側」への移動
10km以内はいつでも20ユーロ。
10kmを超える所から、
1kmごとに1,05ユーロを加算。

  上記以外の料金

基本料金
1kmごとの料金
月曜〜金曜(祝日は除く)の7:00〜21:00
2,40ユーロ
1,05ユーロ
上記以外の日、及び時間帯
2,90ユーロ
1,20ユーロ
※規定の速度を下回って走行した場合は、距離制ではなく、時間ごとの料金が適用されます。

追加料金

バラハス空港が目的地の場合
(環状線M30の内側からの出発は除く)
5,50ユーロ
アトーチャ駅、チャマルティン駅、バスターミナル(メンデス・アルバロと
アベニーダ・デ・アメリカ)から乗った場合
3,00ユーロ
ファン・カルロス一世公園(見本市会場:IFEMA)の発着
3,00ユーロ
12月24日及び31日の21:00〜翌朝7:00の間
6,70ユーロ
1台に5人以上乗る場合
5人目から1人あたり
1,00ユーロ

尚、タクシーの運転手から法外な運賃を請求されたけれど口論が難しい場合は、領収書を請求し、 後でクレームを出す事も可能です。
ただし、その場合の領収書は正規の物である必要があり、ライセンス番号が無いものは無効です。
正規の領収書は、左上にくまの紋章と「!Madrid!」という文字、右上にはライセンス番号と、
その下に「Recibo oficial(公的な領収書)」の印刷があります。
これに、日付と金額、そして運転手のサインを記入してもらいます。
「Me hace el recibo oficial.」(メ・アセ・エル・レシボ・オフィシアル 公的領収証を下さい)と 言えば発行してくれます。

公的領収書の見本はこちら

*右上方のライセンスナンバーを切り取った領収書を渡すドライバーがいるので、要注意!