スペイン旅行 SNJ日西文化協会・文化部からの活動報告

スペイン手作り旅行

 2017年9月 初めてのスペイン、気ままなプライベートの旅 

主な訪問地 : マドリッド、トレド、コルドバ、グラナダ、セビージャ、バルセロナ


2017年3月に初めてUさんファミリーのTomokoさんよりメールを頂きました。
パーキンソン病のため歩行困難なご主人、そして娘さんご夫妻と一緒にスペインを旅行されたいとのこと。
早速、訪問地の希望、どんな旅をされたいかなどをお伺いしつつ、皆さんのご希望に合わせた誂えの旅の 企画にとりかかることとなりました。
そして実に40回以上のメールのやり取りの末、実現した今回の旅を紹介させて頂きます。
最初は4名様の予定でしたが、ご主人の御兄弟も加わり、計7名様での賑やかな旅となりました。

こんな旅をしてみたいと言う方がおられましたら、いつでも文化部の方へご相談下さい。


☆9月12日

日本を出発し、ヘルシンキ経由で20時半ごろ、マドリッドの空港へご到着となりました。

空港へお迎えにあがったスタッフ佐々木と一緒に専用車に乗り込んで市内中心にあるホテルへ。

ホテルのチェックインを済ませたら早速近所のバルへ出動です。


バルでは前日に到着された別のグループ、ジャカランダさんチーム、そしてこの時期に協会付属宿舎MHに 滞在されていた、たかたかだんだんさんご夫妻と我々2名の計9名が先に食事を始めていたので、そこへ 皆さんにもお越し頂いて合流、、、、計17名での大宴会?! となりました(笑)


この時、他にもこの日の朝にマドリッドを出発した巡礼チームもあり、3つの旅が重なったため、 バタバタ、ごちゃごちゃして、Uさんファミリーの皆さんとはお会い出来ないかも、、、と思っていましたが 到着早々のバルで無事、皆さんのお顔を拝見することが出来ました(^^)


このあと、たかたかだんだんさんご夫妻は、引き続きマドリッドで気ままな1週間滞在。


そしてジャカランダさんチームは翌日から私、マドリッドのくまと一緒にラ・マンチャとアンダルシアの旅へ。


Uさんファミリーの皆さんは翌日からスタッフ佐々木と一緒にトレド、アンダルシア、そしてバルセロナの旅へ。


お互い、安全で楽しい旅となりますように!

マドリッド泊


☆9月13日

良いお天気です!


ホテルでの朝食のあと、まずはアトーチャ駅から新幹線を利用して古都トレドへと向かいました。


列車に乗り込むとトレドまで僅か30分の移動です。



トレドの駅に着いたらタクシーを利用してトレドの旧市街を一望できる展望台へ。



展望台からの眺めを楽しんだ後、タクシーで旧市街中心部へと向かいました。



世界遺産指定を受けるトレドの旧市街を散策するには、歩くのが一番です。



商店街を通り抜け、まず向かったのが大聖堂。


スペインカトリックの中心とも言えるトレド大司教区は昔からスペインの政治に大きな影響を 与えて来ました。


ゴティコ(ゴシック)様式で300年かけて建てられたこの大聖堂は世界で4番目の規模を誇ります。


その香部屋はエル・グレコの作品を中心とした立派な美術館となっていましたね。




大聖堂をじっくり見学したあと、引き続きトレド旧市街をお散歩です。



道中、お手洗い休憩を兼ねてちょっとショッピング!




頑張って歩いたあと、お待ちかね、、、昼食の時間となりました(^^)


よく見ると、、、、昼間っからカバで乾杯していますね〜

流石、飲兵衛グループ!(笑)


そしてこの日のメニューは、、、、


キノコのフライ


サラダ


羊の乳飲み子のお肉


そして、、、牛肉のチーズソース添え、、でしょうかね〜




お食事を終えたあと、再び新幹線に乗り込んでマドリッドへ戻りました。



マドリッドに着いてまず向かったのがプラド美術館。


残念ながらプラド美術館内は撮影禁止となっているため、内部の写真はありません。


仕方ないのでベラスケス像とゴヤ像の前で記念撮影(^^;


スタッフ佐々木の案内でプラド美術館をじっくり鑑賞したあと、今度はソフィア王妃近代芸術センターへ。


こちらはピカソの大作、ゲルニカ周辺のみ撮影禁止となっていますが、それ以外のお部屋では 撮影が許されているので館内の様子を何枚か、、、、














ソフィア王妃近代芸術センターの見学を終えたあと、中心部にあるレストランへと向かいました。


このレストラン、、、実は、昔、私が住んでいた賃貸マンションのオーナーが経営するお店なのですよ(笑)

テーブルについてビールで乾杯!

おつまみにチョリソとチーズを出してくれたようですね(^^)


そして今夜のメニューが、、、、


サラダ


エビのガーリックマヨネーズ風味


生ハム


そしてここの自慢メニュー、牛の石焼、、、ならぬ皿焼き、、、ですね(^^)
熱いお皿を使って個々人の好みの焼き具合で頂きます。


そして最後にパエージャで〆、、、
ではなくて、これまたこのお店自慢の手作りデザート、カスタードクリームと焼きプリンのあいのこみたいなやつも 皆さんで少しずつ味見されたようです(^^)


お腹いっぱいになったところでホテルへ戻って一日が終了となりました。


マドリッド泊


☆9月14日

今日も快晴です!

ホテルでの朝食のあとチェックアウトを済ませ、荷物を預けておいて午前中はマドリッドの散策に 出かけました。


まずは地下鉄を利用してスペイン広場へ。


ドン・キホーテ、サンチョ・パンサの像をバックに記念撮影。



スペイン広場から歩いて王宮へ向かいました。




今回は王宮は外から見学して、そのあとすぐ傍にある大聖堂へ。



マドリッドの大聖堂は完成したのもまだ記憶に新しく、内装などはちょっとモダンな感じでしたね。




大聖堂を出て、王宮前のオリエンテ広場で記念撮影。



そのあと、マジョール広場へと向かいました。

綺麗な広場ですね(^^)





マジョール広場からマドリッドのヘソにあたる広場、プエルタ・デル・ソル広場へ。



プエルタ・デル・ソルにあるKM0(ゼロ)地点を確認してから再び地下鉄を利用してホテル最寄りの駅へ。





この日はこのあと、鉄道でアンダルシアへ移動する事となっていたので、ホテルの傍にあるカフェテリアで 軽く早目のお昼となったようですね。


食事のあと、ホテルに預けてあった荷物を受け取り、国鉄近郊線列車を使ってアトーチャ駅へ。



アトーチャ駅で新幹線AVEに乗り込んで一路、コルドバへと向かいました。



マドリッドからコルドバまでAVEで約1時間40分の移動でした。



コルドバに着いてタクシーでホテルへ。


今夜は世界遺産指定を受けるコルドバ旧市街の中、そして大聖堂(旧モスク)の目の前にあるホテルに宿泊です。


ホテルに着いてチェックインを済ませ、ホテルが出してくれたウェルカムドリンクで乾杯!


早速、コルドバ散策の開始です。


ホテルを出るともう目の前が大聖堂(旧モスク)。

まずはここから見学を開始です。


この建物のことを、よく 「メスキータ(モスク)」 と呼ぶ人がありますが、 かつてメスキータであった時代があったと言うだけで、今はカトリックの大聖堂です。


そして更に言えば、イスラム教徒による侵略があった前、ここにはやはりカトリック教会が ありました。


つまり、現在、見られる建物が作られる前にあったオリジナルも、そして現在も カトリックの教会であって、メスキータとして機能していたのはその間、イスラム勢力によって 侵略、支配された一時期だけのことですね。


ただ、中に入ると、受ける第一印象としては、カトリック教会と言うよりは、 イスラムのメスキータ、、、ですね〜

国土回復運動でこの地をカトリック勢が取り戻したあと、イスラム文化による建築美を 完全に取り壊す事なく、残した結果です。


大聖堂をじっくり見学したあと、世界遺産指定を受ける旧市街をお散歩しました。


途中、ちょこっとショッピングもあったようですね〜


歩きまわったあと、お待ちかねのランチタイム!


この日のメニューは、、、、


コルドバ名物として知られる冷スープ、サルモレホ


茄子の揚げ物 蜂蜜がけ


キノコ料理に


アーティチョーク、


そしてオックステールの煮込み と言ったところでしょうか。


どれも美味しそうですね(^^)

夕食を終え、少し暗くなってから夜のお散歩に出かけられたようです。


ローマ橋を渡り、グアダルキビール側の対岸からコルドバの夜景を楽しみました。


そしてバルに入ってまずはビールで乾杯。


それで終わるはずもなく、更にサングリアで乾杯、、、、流石、飲兵衛チーム(笑)


これにて今日も一日が無事終了です。


コルドバ泊


☆9月15日

今日も良いお天気です(^^)


ホテルで朝食をとり、ゆっくりめのスタート。


タクシーでバスターミナルへ。


そして今日は11時発の路線バスを利用してグラナダまで2時間45分の移動です。


この日と翌日と、バスの車窓からは行けども行けども延々と広がるオリーブ畑を ご覧になったことと思います。


まさにアンダルシアの景色ですね〜


景色を楽しみ、少しうとうととすると、グラナダに到着です。


グラナダのバスターミナルからタクシーで市内中心のホテルへ。


チェックインを済ませたらちょうどお昼の時間となりました。


アルハンブラ宮殿のすぐ傍にあるレストランへ行って昼食です(^^)


今日のメニューは、、、


白身魚のフライ


牛ステーキ


そしてこれは、、、トンカツでしょうかね〜



昼食を終えたあと、そのままアルハンブラの見学となりました。


昨日ご覧頂いたコルドバの大聖堂(旧モスク)と、ここグラナダのアルハンブラが スペイン国内に残るムーア建築の最高峰とも言われていますが、如何でしたか?


どちらも物凄いモニュメントですよね〜


アルハンブラは季節も良く、綺麗に手入れされたお庭ではいろいろなお花を 楽しむことが出来ましたね(^^)



沢山ある写真の全てをここに掲載することは出来ませんので、一部だけ紹介 させて頂きますが、参加者の皆さんには後日、全写真をDVDビデオにまとめて お届けしますので、今しばらくお待ちください。


例年、旅の終了後、半年ぐらいでお届け出来ていたのですが、2017年は 当協会で行った旅の本数がいつもより多かったようで、写真集の編集に 少し時間がかかっています。


気長にお待ちください(^^;



以下、アルハンブラの見学の様子を何枚か、、、、




















アルハンブラ宮殿、そしてヘネラリフェ離宮をゆっくりと見学したあと、 アルバイシンの丘へと向かいました。



こちらは谷間を挟んでアルハンブラの反対側となりますから、ここから やはり高台にあるアルハンブラ宮殿を同じ高さから眺める事が出来ます。


日暮れが近づいてくると、少しずつ空の色が変化して行くのを楽しむことが出来ますね。


そんな自然の美しさとアルハンブラの夜景を楽しめる展望レストランのテーブル席を 陣取って今日の夕食です(^^)



メニューは、、、、


トマトサラダ


トルティージャ


と前菜が終わったあたりで、だんだんと「夜の青空」の時間帯となったようです。


アルハンブラ宮殿のライトアップも始まりました。


そしてメインディッシュが、、、


豚のフィレステーキ、


そして牛ステーキと言ったところでしょうか。


メインを食べ終わる頃には、青い夜空が、漆黒の夜空に変わったようです。


最後に自家製デザート盛り合わせを少しずつ味見して素敵な夕食が終了。



今日もいい一日でしたね(^^)


グラナダ泊


☆9月16日

今日もまた快晴です。


ホテルでの贅沢な朝食のあと、タクシーでバスターミナルへ。


今日も路線バスを利用した旅です。


10時発のバスに乗ってセビージャまで約3時間の移動です。


この時ですね、、、ジャカランダさんチームと私が乗っていたバスとすれ違ったのは(笑)


セビージャに着いてホテルにチェックインしたら早速、お出かけです。


グアダキビール川ほとりにあるレストランへとやって来ました。


お昼のメニューは、、、


サラダ


魚とイカのフリッター盛り合わせ


これらをつまんだあと、メインディッシュが


イカ墨パエージャ!


イカ墨でお歯黒になったあと?! 

デザートで口の中さっぱり、、、ですね(笑)



昼食を終えたら、そのままセビージャの見学開始です。


グアダキビール川を渡り、旧市街へと戻りました。


そして向かったのがアルカサル


ここも立派なモニュメントですね〜


以下、アルカサル内部の様子を何枚か。
















アルカサルをのんびり見学したあと、旧ユダヤ人街をお散歩しつつ少しお買い物。


そしてムリージョの公園をお散歩して一旦、ホテルへ、、、そんな感じでしょうか。



少しホテルで休憩したあと、夕刻、あらためて出発。


フラメンコを観に行かれたようですね。



A級闘牛場の一つ、マエストランサ闘牛場の前で記念撮影をしてから フラメンコのタブラオへ。








本場アンダルシアでフラメンコをお楽しみいただいて、外へ出てみると 今日もまただんだんと「夜の青空」の時間帯に突入です。



昼間の青空とはまた違った、透明感のある不思議な青空を楽しむことが出来る 僅か数十分間の貴重な瞬間です。



街灯が灯り、川にかかる橋もライトアップが始まりました。



川向うに渡り、川沿いのテラス席を確保してセビージャの夜景を楽しみながらの 夕食が始まります。


さて、、この日は何を召し上がったのでしょうね〜


マッシュルームの鉄板焼き


エビのアヒージョ


生ハム


コキーナスと呼ばれる二枚貝
アンダルシアへ行くと食べたくなる一品です(^^)


これらを8人でつまんで夕食としました。


夕食を楽しむうちに、「夜の青空」が終わり、真っ黒な空へと変わって行きました。


美味しい食事と美しい夜景とを楽しんだ後、ホテルへ戻って今日も一日が終了です。




セビージャ泊


☆9月17日

ホテルでの朝食のあと、タクシーで鉄道駅へと向かいました。


今日はセビージャからバルセロナまで列車の旅です。


8時50分発の新幹線AVEを利用してバルセロナまで約5時間半。


飛行機だと1時間半で着きますが、セビージャでもバルセロナでも街の外にある 空港まで移動しなければならないのと、空港へ早めに行かなければならないこと などから生じる時間的なロスを考えると、街中から街中へと移動出来る新幹線と その所要時間はせいぜい2時間程度しか変わらないのですよね〜


カタルーニャが独立問題で政情不安定になりつつありましたが、この時期はまだ 安全な状態が維持されていました。

ただ皆さんのバルセロナ行きがぎりぎりセーフ、、、、その直後から10月1日に 予定されていた違憲州民投票へ向け、予想どおり一気に状況が悪化して行きました。

最初の大きな暴動が起きたのが実に皆さんが帰国された翌日です(^^;

それ以降、カタルーニャの政情は安定することが無く、当協会では参加者の 身の安全と、案内させて頂くスタッフの身の安全を考えて、カタルーニャ方面の 旅の御手伝いはお断りすると言う状態が今(2018年4月現在)も続いています。

一般のツアー会社は、そんなことは全く気にもかけずに販売され続けているようですが(^^;

暴動などに巻き込まれる日本人が出ず、そして一刻も早く落ち着いてくれると良いのですけどね、、、、


バルセロナに着いてサグラダ・ファミリアのすぐ傍にあるホテルにチェックイン。

この日は列車移動中に軽くお昼を摂られたのかもしれませんね。


翌日が閉館日となるピカソ美術館をこの日のうちに観ておくことにしました。


そして夕食は海産物レストランへ。


市場でお買い物をするような感じで食べたいものを買い、買ったものが調理されて 出て来ると言うちょっと変わったセルフサービスのレストランへ行きました。


が、目の前にずらっと並んでいると、どれも食べたくなりますよね〜(笑)



胃袋の容量にも限りがありますから、この日召し上がったのが、、、


ブエイと呼ばれるヨーロッパイチョウガニ

カニみそがたっぷり入っていたのではありませんか?(^^)



チャンケテと呼ばれるハゼ亜目の小魚のフリッター

サクサクして美味しいですね(^^)



そしてそれと一緒に盛られているのが何か白身魚のフリッターのようですね〜



そしてマテ貝


小蛸


紋甲イカでしょうかね〜



ベルベレーチョと呼ばれるザルガイ科の一種
海の香りが強くて美味しいですよね(^^)



シガラと呼ばれるヨーロッパアカザエビ
硬い殻で怪我をしないように気を付けないといけませんが美味しいエビです(^^)


おや、お醤油持参ですか、、、準備の良いこと(笑)



美味しい夕食を楽しんだあと、ライトアップされたサグラダ・ファミリア教会を観てから ホテルへ戻りました。


サグラダ・ファミリアのすぐ傍にあるホテルをお取りしましたから、夜景を楽しむのにも 便利でしたね(^^)



今日からここに2連泊です。


バルセロナ泊


☆9月18日

バルセロナでの二日目です。


朝食のあとタクシーを利用してグエル公園へと向かいました。


以下、グエル公園内の様子を何枚か。

































グエル公園の中を約2時間かけてお散歩したあと、今度はサグラダ・ファミリア教会の 見学に出発です。



グエル公園とサグラダ・ファミリアの入場予約時間の間に3時間、見ておきましたが やはりそれぐらいの時間は必要ですね〜



教会と言うより、観光モニュメント的色彩の強い建造物ですが、写真の撮影時間を 見ると、ここでも2時間半ぐらいかけて内部見学をされていますね。



サグラダ・ファミリアの見学を終えたら昼食となりました。



今日のお昼のメニューは、、、、

オリーブとチョリソ


パン・コン・トマテ


昼間から全員ビール! 本当に飲兵衛チームですね(笑)


幾種類かのお肉の盛り合わせに


腸詰の一種、お豆の添え物


そしてトマトの上に乗っかっているのはネギ、赤ピーマン、アンチョビでしょうか。



食事を終えたあと、タクシーでリクエストのあったカンプ・ノウへ向かいました。


FCバルサの本拠地ですね。



スタジアム見学を終えたあと、街の中心部へと戻り、カタルーニャ音楽堂に 立ち寄られたようですね。




音楽堂を見学したあと、海辺のレストランへ。



テーブルについて、まずはビールで乾杯(^^)



そして今夜のおつまみは、、、、


コロッケ


ムール貝


アサリ


ここには写っていませんが他の写真を見ると、この辺でカバか白ワインが登場しているようです。


前菜が終わったところでメインにパエージャとフィデウアが登場!


米とパスタ、、、どちらがお好みでしたか?


メインに取り掛かったところで、また別のカバを一本追加されてますね〜


そして最後にデザートを幾つか、、、
少しずつ味見をして今回の旅の最後の晩餐が終了です(^^)


バルセロナ泊


☆9月19日

長い間かけて計画した旅もアッと言う間に終わり、帰国となりました。

飛行機の時間に合わせて少し早目の出発です。

往路と同様にヘルシンキ経由で日本へ。


快適な空の旅となりますように!

機内泊


・・・帰国された後、嬉しいお便りを頂いています・・・


*古村様

無事、予定通り成田に到着しました。

今回は、古村さんにお会いできずに終わるかなと思っていましたが、スペイン到着早々
お会いすることができて、大感激です。
素敵な奥様のまゆみさんともお会いできました。

スペイン最初のビールで乾杯!美味しかったこと!!ごちそうさまでした。
行く先々でビールをいただきましたが、『スペインビールってこんなにおいしいの?!』
と驚きました。我が飲んべいたちも、同意見!

同行の佐々木さんもお酒は強い強い!
美味しくて、素敵な場所に毎日連れて行っていただきました。

半年前より体調が悪くなっていた主人ですが、佐々木さんはじめ皆の協力で何とか旅
を続けることが出来ました。

佐々木さんは、物知りで説明が深く、勉強不足の私たちには、ついていけないなあ(笑)と
思う場面もありましたが、いつも私たちのために、よりよい選択をしてくださいました。
御礼申し上げます。(佐々木さんにお伝えくださいませ。)

今回、旅程での交通手段で気づいたのは、路線バス移動は、約一時間前からバスター
ミナルに行くという時間的ロスと主人の体調面から(トイレがついていない)ということでの
不安を感じたということです。それを考えると、少し金額が高くなっても専用車を
お願いしておけば、よりリラックスした気持ちでいられたかなと思いました。

次回、お願いするときは、専用車で!古村さんの案内で!と思っています。

海外旅行初でスペインだけにかぶれていたKenは、すごい偏食なのですが、
『食べるもの、飲むもの何でも美味しい!!これは、スペインがそうしている!』と
ウキウキして、帰りたくないとの賜っていました。

皆も『そうそうスペインは行けないけど、一年後位に今度は1か月くらいの滞在で行
きたいよねえ』 と話しながら、成田で解散しました。

本当にたくさんの楽しい思い出、ありがとうございました。
佐々木さんが撮ってくださった写真は、送っていただけるのでしょうか。
楽しみに、待っています。                                           By Tomokoさん


                           


初めてのスペイン旅行、お楽しみいただけたようで何よりです(^^)

佐々木も私もそして他のスタッフもまた喜んでご一緒させて頂きますので いつでもご連絡下さい。

スペインもいろいろな地方、文化圏がありますから、知れば知るほどハマって行く国です(笑)

まだまだこれからいっぱい楽しんでいただけると思いますよ(^^)

旅の道中、佐々木が撮りました写真はいずれ写真ビデオに編集してお届けしますので 気長にお待ちください。

それではまた近い将来、皆さんとスペインでお会い出来るのを楽しみにしています!


企画・主催: SNJ日西文化協会

同行案内、撮影: スタッフ佐々木

報告作成: マドリッドのくま、こと、古村周三




当協会・文化部の活動についてのお問い合わせ、旅のご相談は下記、文化部のアドレスまでご連絡ください。

通常、ご連絡を頂いたあと、2営業日以内には必ず何らかのお返事を差し上げます。返事が無い場合は、ネット上の トラブルのため、メールが届かなかった可能性がありますので、再度、ご連絡を頂きますようお願い致します。
また、それでもお返事が届かない場合は、皆様が受信された際、セキュリティーシステムが迷惑メールと誤認して、 迷惑メール用フォルダーに格納した可能性がありますのでそちらをご確認下さい。 
それでも、連絡がとれないような場合は、その旨、掲示板を通じてご連絡頂きますようお願い致します。
なお、携帯電話のメール設定が最初から「携帯電話からのメールしか受信しない」という設定になっていることが多いようです。こちらはパソコンから送信しておりますので、携帯電話のメールをご利用になる場合は、パソコンからのメールを受信できるようになっているか再度ご確認ください。

他の旅報告を見る

トップページへ

当サイト内の文章や画像の転載はお断りします